リフォーム施工事例 全面リフォーム

麻生区王禅寺東 W様邸
施工費用 約500万円
施工期間 約1ヶ月
  今回、キッチン、お風呂、洗面所、トイレをリフォームすることに。
    キッチンは独立して閉鎖的だったことから、奥様念願の対面キッチンにすることになりました。 ここで解決すべきは収納の確保と人の通り道(動線)の確保。対面にすることで動線を考慮すると、 今ある収納庫を壊す必要がありました。 その分、2連の床下収納庫を設け、キッチンの下台はなるべくたっぷりと収納できるように、 食器棚も収納量をアップさせ、且つ薄型でスペースをあまりとらない造りつけのものを選びました。
照明はダウンライトですっきりと。シンク上にはあえて吊戸棚は付けずにリビングとの一体感を重視しました。 また、キッチン空間で最も重要な作業動線−ワークトライアングル(シンク、コンロ、冷蔵庫を結ぶ三角形)は理想的な形になり、 非常に動きやすいキッチンになりました。

動線を徹底検証!プランニングは1センチが勝負
ここで一番難しかったことは必要寸法を確保することでした。トイレを除く全ての場所 で間取りを変更する必要があったのです。
 まず、お風呂を大きくする上で、間仕切りと柱をキッチン側に移動し、1坪タイプのユニットバスを入れます。このとき、キッチン側に移動しぎると今度は対面キッチンが入らなくなってしまいます。 今回はお風呂を出来るだけ左に、キッチンとの間の壁はなるべく薄く、施エスタツフと綿密な打合せを繰り返し、何度も寸法チェックをしてプランしました。あと1センチでも足りなければこのプランは実現していませんでした。

一坪タイプのお風呂が入ると、洗面室は逆に広くなります。 壁面いっぱいの収納をつけ、今まで外に溢れ出ていた小物もすっきりとしまえるようになりました。

足が伸ばせるお風呂がいい
  タイル張りのお風呂は細長い空間でした。一見大きなお風呂なのですが浴槽が小さく足が伸ばせませんでした。キッチンや洗面所のレイアウトを変えることを考慮すると縦に長い無駄な空間を洗面所空間に取り込み、横幅はキッチン側に広げることによって足の伸ばせるゆったりとした浴室を造ることができました。