リフォーム施工事例 全面リフォーム
築三十年目の新築

キッチンとリビングが独立した間取りだったのを一空間にし、キッチンを対面にしました。壁面にはパソコンスぺースを設け収納も充実させました。床や建具はダークブラウンに、壁はホワイトでまとめ、お客様がお持ちの家具と合わせてアンティークモダンの空間を目指しました。

青葉区つつじヶ丘 K様邸
施工費用 約1000万円
施工期間 約2ヶ月
  時を経ることで住宅の設備や間取りは老いていきますが、リノベーションによって新たな価値を与えれば、魅力的な住まいとして生き返らせることが可能です。
建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させる− 具体的には間取り変更や給排水等の設備更新、インテリアイメージの一新などを行います。
今回はこんな考え方を元に、古かったボイラー給湯設備をガス給湯器に替え、お湯の供給ルートを見直すなど、見えない部分でのインフラを整え、生活スタイルに合った間取りとインテリア作りを行いました.。

4DKから3LDK+Sへ
 今回は昔ながらの孤立した間取りから、現代のコミュニケーションを重視したLDKを中心とした間取りに変更しました。 リフォーム前の間取りを見ていただくと、ほとんど収納がないのがわかります。 新しくこちらにお住まいになるお客様の生活スタイルを加味すると収納は全く足りませんでした。 そこで、コミュニケーション重視の間取りに変更することと合わせて収納の確保も試みました。
  結果、和室の必要性を考慮し、和室の一部をウォークインクローゼットとし、和室自体はリビングから開放的に繋がる空間としました。   寝室にも同様、まったく収納がなかった為、入口を一つ潰し壁いっぱいのクローゼットを新設しました 。
他にも各所、壁面収納や本棚などを作り無駄のない家作りを目指しました。
シックなアンティークモン。テーマカラーはダークブラウン
今回、玄関ドアは全面ガラスのドアで防犯性に欠ける点と大分古くなっていたので換える必要がありました。 枠ごと交換するのは、周りとの取合いを考えるとコストがかかり過ぎるのと、上の欄間部分が完全オーダーになってしまうことから、 リフォームでよく用いられるカバーエ法という手法を取ることになりました。既存の枠を活かしてその中にドアを取り付けていく工法です。 周りを傷めず交換できました。
  玄関の中は暗いイメージを一新。グレーのタイルをピンクベージュのタイルに貼替え、玄関収納はシートを用いて明るく仕上げました。 古い扉もシートを貼ってあげることによって、簡単にきれいにイメージを変えることができます。カウンターもシート貼り。 色柄が豊富なのできっとお好みのテイストが実現できると思います
タイル張りだった水回りも一新
 浴室は昔ながらのタイル張りの浴室でした。暖かさとお掃除のしやすさ、コストを考慮しユニットバスに。ここでもシックにウッドパネルを選びました。
  洗面所は洗濯機置き場が腰壁で囲われた状態でしたが今回撤去。広がりを感じるすっきりとした洗面所になりました。  トイレも床はタイルでなくクッションフロアに。パネルヒーターがあり、配管が撤去しきれなかったので、 それを隠すとともにアクセントとして飾り棚をデザイン。大きなトイレ空間でしたので空間が引き締まりました。

 子供部屋は昔ながらの木目化粧パネルが貼ってありました。簡単になんとかこの暗いイメージを変えられないかと考えたのが塗装です。子供らしい水色でぺイント。 アイアンの力ーテンレールをつけるとアーリーアメリカン調のかわいいお部屋になりました。