施工事例

施工事例

暗かったLDKを上質な素材をふんだんに使って明るく広々と

11月 9, 2015

【DATA】

川崎市宮前区 M様邸
リフォーム箇所:一戸建て2階、キッチン、リビング、壁面飾り棚、照明計画
工事期間:約1ヶ月
リフォーム費用:約770万円[1,000万円以下]

【リフォームのきっかけ・ご要望】

一部屋にリビング・ダイニング・キッチンがあり、ご主人様のダイニング空間が狭いというお悩みと奥様のもっとキッチンを明るく使いやすくという問題を抱えていらっしゃいました。奥様の念願だった、もっとお友達を招いてパーティーするような空間にということで、全体的に白を基調としたキッチン、壁紙、ナチュラルカラーのフローリングと明るい空間にまとめました。今回は照明計画と造作収納にもポイントを。照明は癒しや和みを重視し間接光を加えたやわらかい雰囲気をつくり、暮らしの様々なシーンによって何パターンもの光を自分で作れるように計画。奥様のお気に入りのグラスや写真を飾る収納は、モザイクタイル調のデザインでエレガントで落ち着いた空間になりました。

元々ダークブラウンの色調で、コの字型に閉ざされたキッチン。手前に見える大きな茶色の箱の中には、冷蔵庫がありました。そこを今回は、オープンな対面キッチンに。
ご夫婦お二人なので「ダイニングスペースをきちんととるというよりは、リビングをより広く使いたい。お友達などを招いた時に有意義にすごせるスペースを。」というご要望だったことから、フルフラット対面で、簡単に食事がとれるスペースを確保しました。
床は全て無垢フローリング。
床暖房が入っているので、どこにいても気持ちの良いリビングです。

【リフォームポイント】

今まで、一般的な蛍光灯照明と、ダウンライトを配置した照明でしたが、今回の「ホームパーティーを開く」というコンセプトから、様々なシーンが演出できる、照明計画を行いました。まずは、天井を照らし上げ、空間を広く見せる間接照明「コーブ照明」を計画。これだけの光でも十分に明るいのですが、ポイントごとにスポットライトとダウンライトを使用。コーブ照明もスポットライトも全て光の量を調整できるようにしました。光をつける部分や光の量を全て自身で決められます。そんなお気に入りの光りを記憶させておけるライトコントローラーを用いたので、ホームパーティーでも明るく元気な光やムードある光など、様々に楽しめます。

奥様が集めていらっしゃる、江戸切子を飾る為に作りました。両端はガラス棚で、お気に入りの江戸切子を。
ミラー扉の後ろは収納量を重視しました。
扉が鏡なのでよりリビングが広々と見えます。
アクセントにタイルを用い、照明を入れ、より“見せる”ことを意識しました。