施工事例

施工事例

配管の向きや位置をセンチ単位で工夫し、西海岸風のオープンなLDKを実現

8月 9, 2018

_L2_8873-min

_L2_8880-min

【DATA】
神奈川県/S様
工事期間:2か月
家族構成:ご夫婦、お子様2人、愛猫
築年数:約16年
工事内容:全面リフォーム
費用:約950万円

DSC06777-minDSC06740-minDSC06764-min

【リフォームのきっかけ・ご要望】
築16年の中古マンションを購入し、全面リフォームを行ったS様。以前はキッチンが壁で覆われたセミクローズドタイプで閉鎖的だったため、オープンな対面キッチンをご希望でした。部屋数も多く、細切れの間取りで使い勝手が悪かったため、浴室やトイレなど使えるものは活かし、気になる部分をレイアウト変更し、内装も一新。物が多かったため、広い収納も希望されていました。

【リフォームポイント】
キッチンをオープンな対面タイプに交換するためには、排水の向きと位置を調整する必要がありました。そのため隣接する洋室の壁を移動してマガジンラックを造作し、その下を通して配管スペースを確保。天井高も梁と配管スペースを上手くかわしてできるだけ開放的な空間になるよう、センチ単位で細かく調整しました。また、日本製のキッチンにドイツ製のミーレの食洗器を取り入れたいというS様のご要望を受け、キッチン内部の配管位置を調整して組み込み、面材も既存のブルーカラーに合わせた特注の形になっています。全体的にブルーをキーカラーとした西海岸風インテリアでまとめ、リラックスできる空間を目指しました。リビングと洋室を仕切る壁に取り入れた内窓もポイントで、お気に入りの建具に合わせてオリジナルカラーのブルーで塗装しました。また、ヘリンボーン柄に突板を貼ったアクセントウォールやキッチン周りのタイルもS様のこだわりです。

_L2_8864-min_L2_8899a-min_L2_8822-min_L2_8661-min_L2_8652 1-min